2009年01月13日

レコーディング

2009年新たなチャレンジとして「レコーディング」を始めるために動いていると新年のこのページに書いたのですが、今日が第一歩になりました。

と言ってもまずは「お試し」という事でバンドさんにも協力して頂きながらのスタートです。
協力してくれたのはStorm Ashさん。
こちらはボーカル録りの様子
P1020767.JPG

いや〜想像以上に時間がかかりますね!
7時間予定が12時間になっていました(笑)
時間を短縮するために、無駄な時間を少しでも減らすために、事前準備とバンドさんとのコミュニケーションがとても大切になることがよく分かりました。

こう書くと年寄りじみてますが(笑)「良い時代になったな…」と思います。
店長が経験した遥か昔(笑)のレコーディングは当然テープがメディアでした。
こいつは録音再生を繰り返すと高域が劣化してくるので、集中して気合いでOKテイクをすぐに叩き出さなければなりません。巻き戻し、早送りにも時間がかかります。
録音されたら前の音は消えるので、前のテイクと比べるなんてあり得ません(笑)
トラック数にも限りがあります。

今はその辺りは全てフリーになってますね。
音の劣化は無し、録音したい場所に瞬時に移動し、5回前のテイクと比べる事も出来るし、トラック数も(語弊はありますが)無限です。
書ききれない程いろんな事がアッという間に出来ます。

そのかわり弊害もあり、5テイクを聞き比べる為には単純に5倍の時間がかかる事になります。良くも悪くも以前にはあり得なかった時間です。

BEATLESがアルバム「Please Please Me」を10時間のレコーディングセッションで録音したというのは有名なエピソードですが、ホントあり得ないですね(笑)

いろいろ試行錯誤しながら最良の方法を探っていきたいと思います。

ーー

さかもとえいぞう『アコギ修行旅2009〜勇往邁進の章』

ANTHEM、アニメタル、ソロ…と幅広い舞台で活躍中のカリスマシンガーが小江戸・川越初見参!
チケット予約受付開始しました!
詳しくはこちら↓
http://live-departure.com/pc/eventnews_0211.html

ーー

http://live-departure.com/
posted by Live House DEPARTURE at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | レコーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
storm ashのヴォーカルのSYO-HEIです。

この度は、ありがとうございました☆

あと、長い長い時間を無駄にしてしまってすみませんでした。
φ(.. )

他にやることいっぱいあるのに・・・

また、そちらでレコーディングさせてもらう時には素早く、俊敏にやらせてもらいます(笑)

1月24日にまたそちらでお世話になりますが、その時はまた、よろしくお願いします。

P.S 写真貼っていただきありがとうございました。
Posted by SYO-HEI at 2009年01月15日 05:16
>SYO-HEI さん
いやいや、「無駄な時間」はほとんど無かったと思います。

「もったいない時間」はちょっとあったかな?(笑)

こちらにとっては全てがとても貴重な時間で、貴重な経験をさせて頂きました。

是非次回はアルバムを作るぐらいの勢いで!(笑)

24日のライブも盛り上げてやってください!
よろしくお願い致します。
Posted by Live House DEPARTURE at 2009年01月16日 02:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック