2008年03月20日

照明取付

照明の灯体をステージ上に取り付けます。
ステージ上に「ポッキー」でやぐらを組んでいくのですが、これがまたなかなか難作業でした。

P1000666.JPG

まずは場所に合わせて長さを切り揃え

P1000665.JPG

個々のパーツごとに組んで最終的に仕上げていくのですが、水平、垂直がなかなか出ません。どこかが少しづつ歪んでて、四角形のはずが平行四辺形や台形になってしまうのです。何度も組んでは外し、締めては緩め…を繰り返し、どうにか形になりました。

P1000668.JPG

そこに灯体を吊るします。
何かソレっぽくなってきましたよ〜グッド(上向き矢印)

P1000669.JPG

同時進行でPAや照明の調整をするコントロールブースも組みました。
ここにミキサーや録音機材などが入ります。

ちなみにミキサーはちょっと頑張ってヤマハのデジタルミキサーを導入予定です。小型軽量、エフェクト内蔵、バス構成の自由度、拡張性…等からの選択ですが、何よりも決め手になったのは「セッティングをバンドごとにメモリー出来る」という所です。
経験ありませんか?リハでばっちり決めたモニターバランスが本番で違ってて演りづらかった…とか。デジタルミキサーにはそれが一切ありません。リハが完璧に再現されるので、本番は気持ち良く演奏のみに集中出来るハズです。

これ、とても大事な事だと思います。
posted by Live House DEPARTURE at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 滑走準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック